将棋定跡入門

拡大画像

将棋定跡入門

著者:影山稔雄
発行所:大泉書店
発行:昭和49年9月5日 初版発行

『将棋定跡入門』より。新潮社版『将棋の指し方』についての記述。

 私の将棋の著書は、これで七冊目になります。最初の『将棋の指し方』を、新潮社の入門叢書
で出したのは、たしか昭和十二年のことでした。それからもう四十年近くになります。そのころ
『将棋の指し方』を手にした中学生は、五十の坂を越えているはずです。現に私は、ある人が、
定価一円二十銭の初版本を。書棚に飾っているのを見てびっくりしたことがあります。戦災にも
焼かれず生き残ったわが子に巡り会った思いでした。『将棋の指し方』は、戦後、新潮社の傍系
会社である大泉書店に移り、それから」また永いこと読者の支持を受けてきました。


新潮社版『将棋の指し方』





発行年別索引へ

トップページへ